順番にこだわるところにヒントが。

和食中心の食事が食生活の改善に良いということを前回述べましたが、ではどんな和食がいいのか。について今回は述べていきたいと思います。

特に私がいってみたいのは食事の内容ではなく、その順番なのです。

よく料亭などで行った時に出される順番がありますよね。

最初に「つき出し」みたいなものが出て、その次に焼き魚そして酢の物、天ぷらや茶碗蒸しなどが出てきて最後にご飯や味噌汁は出てくるはず。

ここで見てもらったらわかる通り、てんぷらなど油物もしっかりとでてきます。

最初ある程度簡単なものを取ってから、すこしづつ重いものを食べていくわけです。

炭水化物であるをお米を最後にとる。

これが理想的な和食の食べ方ではないでしょうか。

で、ここで和食の食べ方を説明しているわけではなく、それが1番ニキビケアとして大切なのではないかと思ってるのです。

これが1番胃に負担をかけずに体の中にしっかりと栄養を取り込んでいく。

そして暴飲暴食にならずに、理想的な食生活となる一つのヒントがあるわけです。

これをきっちりと続けていくことによって、ニキビケアをしっかりと行っていくことにも繋がってくるわけです。

こういった生活をしているのかどうか。

これもひとつの基準になりますよね。

今日だけは良いではなく、今日だけ失敗したってぐらいの厳しい気持ちで臨んでいくことが大切ですよね。

だからこそ食生活を和食中心に持っていく。

これだけでニキビが減っていくと考えればすごい楽だと思いませんか。